高反発マットレス,電気敷き毛布

トップページ > 高反発マットレスは電気敷き毛布が使えない?

高反発マットレスは電気敷き毛布が使えない?


高反発マットレスは体の形に従って包み込むように変形し、体圧を分散するため、肩こりや腰痛の解消になるとして評判です。また内部に大量の空気の層を含むので、夏は通気性が良くて涼しく、冬は断熱効果があって暖かいとも言われています。しかし一方で、電気敷き毛布を使えない製品が多いという弱点もあります。いくら断熱効果があっても、寒冷地で真冬に暖房器具を使えないのは辛いところです。


本当に高反発マットレスは、電気敷き毛布を使えないのでしょうか。


一部の高反発マットレスは、その材質上、40度ぐらいになると性質が変化し、柔らかくなってしまいます。その状態で体重がかかると、凹んだまま戻らなくなる恐れがあります。ですから電気敷き毛布を高温の設定で使用すると、マットレスのヘタリを助長することになります。どうしても使いたいときは設定を低温にして、かつシーツやカバーをかけて使う必要があります。


このような高反発マットレスは、布団乾燥機を使うことも奨められません。一般に布団乾燥機は50度ぐらいの高温になりますから、マットレスを変質させてしまいます。高反発マットレスは内部に含まれる繊維が少なく、ダニは発生しにくいとされていますが、乾燥できないと気持ちが悪いという方もいるでしょう。このほか電気アンカや湯たんぽなどと併用するのも、場合によってはマットレスの弾力を早く失わせることになるので、注意しなければなりません。


最近の高反発マットレスの中には、材質や構造の改善により、電気敷き毛布も布団乾燥機も大丈夫という製品があります。もちろん床暖房やホットカーペットと一緒に使っても良いことになります。ただし製品によって性能にはかなりの差があり、宣伝文句を鵜呑みにすると期待はずれになる場合があります。購入を考えているなら口コミサイトなどを見て、具体的にどんな暖房器具なら耐えられるのか、細かいところまでチェックすることをお勧めします。