腰痛,神経痛,高反発マットレス

腰痛や神経痛を回避する高反発マットレス

日頃忙しく働いている人や足腰を使う事の多い人は腰痛などの症状に悩まされている事が多く、解消する術も知らずにその症状を放置しているという場合も多いのではないでしょうか。
確かに現代においてこうした節々の痛みに悩むのは普通の事のようになっていますから、あまり深く考えずに治療も受けないというのも一般的ですが、出来る限り改善に向けて努力をする必要があります。


まずこうした不調には日頃の姿勢や動き方が影響しています。


腰の部分は身体の中心となっていて、曲げ伸ばしをするのが容易な部位ですが、だからこそ曲がったままの状態になりやすく歪みを起こす可能性の高い部分でもあります。どの部位であっても骨格に歪みが生じると骨が筋肉や神経を刺激して痛みを及ぼす事がありますから、まずはしっかりときれいな姿勢を保つという事が大切なのではないでしょうか。

ここで考えておくべきなのが寝具の状態です。

起きている時は意識的に姿勢を正す事も出来ますが、寝ている時は寝具に身体を預けたまま無意識の状態になりますから腰が曲がっていても自分で調整する事が出来ません。こうした無意識の不具合を調整してくれるのが反発力を持った高反発マットレスです。


寝具は柔らかい方が良いのではないかという感覚を持っている人も少なくありませんが、こうした反発力がある事によって寝具に身体が埋まり込んで腰が曲がるというような状態を回避してくれます。特に腰の部分は体重が掛かりやすいので柔らかい高反発マットレスの中に埋まり込むと寝ている間ずっと曲がってしまってそれが歪みになる可能性もあります。


また、寝ている間に寝返りを打ちますが、身体のどこかが曲がっている状態で寝返りを打つとさらに別の部分が歪んでしまい、血流に障害を及ぼす可能性もあります。血流が悪くなれば神経痛などの症状を起こす場合もありますから注意が必要です。


important



このように寝具は侮れない力を持っていますから、
快適で心地よい眠りにいざなうような質の良いものを選びましょう。



自然な寝返りで腰痛防止になる高反発マットレスの関係


年齢を重ねると身体の節々が痛くなったりして歩行にも影響するという場合がよくありますが、中でも腰痛を持っている人は多く、これは年齢を問わず若い世代にも見られる不調と言えます。そもそもなぜ腰痛が多いかというと、姿勢が大きく影響してちょっとした事で歪んでしまう部分だからです。腰の部分は人間の身体を支える中心となる部位ですが、その分負荷が掛かる事が多く、真っすぐに立っていなければ負荷はさらに大きくなって傷めてしまいます。日頃の姿勢に注意しながら運動なども加えて健康に保っておくのが一番ですが、やはり寝る時の体勢も腰痛に関係してきますから寝具の質にもこだわる必要があります。


最近は敷布団と掛け布団ではなく、ベッドに高反発マットレスを敷いて寝ているという方も多いですが、マットレスには様々な種類があって身体をしっかりと支えてくれる機能を持つ物も多いので活用出来ます。

まず反発力のある物を選ぶのが大切です。

マットレスが柔らかすぎると、体重を掛けた時に一番重みの掛かる腰の部分が埋まり込んでしまいます。腰だけが埋まり込むと曲がったままの体勢で寝るという事になりますから、腰痛につながってしまうのは当然と言えるでしょう。反発力があればどこか一部分が埋まり込むという心配がなく、身体全体をフラットに支えてくれますから安心です。


また、腰が曲がった状態で寝返りを打つとさらに他の部分にも歪みが生じてきます。真っすぐな姿勢で自然な寝返りを打つためにもやはりこの反発力というものが大切で、出来る限りその力も大きい物を選ぶのが良いでしょう。

mattress01


それぞれに心地よいと思える硬さには違いがありますから、まずは自分で触って試してみるのが良いですが、硬さがあるからと言って寝心地が悪くなるという事はありません。コイルやスプリングなどを使って反発力を実現したたくさんの商品が流通していますから自分にぴったりの物を選んで快適な眠りを実現しましょう。

更新履歴